記事一覧

十数年後に思いを馳せる



先日、同じ会社に勤めている大先輩に呼び止められて少し立ち話をした。
「ルフィンちゃん、俺、来月、定年だから!」
というセリフにびっくり。
だいたい社会人になってからの知り合いというものは、初めて出会ったときのままの年齢でストップしている感がある。
その大先輩も、初めてお会いしたころは今の私と同じ、いやもう少し若かったのかもしれない。
それが「定年」ですって~??
まあ、考えてみれば出逢った頃はまだお子さんも小さくて、一緒に仕事をしていた時期には上の子が中学受験で、なんて会話をしていたのに、今やすっかりお子様方も自立しているんだからそりゃー、年も取るはずだ。

うちの会社は65歳まで雇用延長制度があるものの、お話を伺うと60歳を過ぎてからの雇用延長は1年契約で月給もバイト代並みとのこと。65歳で再就職先をさがすよりは、まだまだなんでもできる60歳のほうが新しい道を探せるよね、好きなことできるよね。このまま会社に残っても、「会社に来ること」が仕事になっちゃって、仕事らしい仕事もできないじゃん・・・・とのこと。

そんなわけでその大先輩は「おいしいもの大好き!」なご自身の趣味と実益を兼ねて、様々な食品&食事関係の資格(フードコーディネータ―とか野菜ソムリエとか)をおとりになり、フードコラムニスト(?)のようなお仕事を始めるツテもでき、今後は「食」関連の仕事で好きなことを仕事にしながら生活していくとのこと。なんだか会社で仕事しているときよりも瞳キラキラで楽しそうでした。

どうしても貯蓄&投資関連で目にするアーリーリタイア希望の方々は「仕事嫌い」でアーリーリタイアしても「慎ましく生きる」ことを希望されている方が多いように思う。忙殺されていて疲れているときは、そんな考え方やその夢に向かって着々と計画的に生きている人をすごく羨ましく思うこともあるのだけれど、ふと冷静になると私にはそういう生き方は無理なんだな。生きている実感も感じられないと思う。

たぶん、私は「あれもしたい!これもしたい!あそこに行きたい!あれを食べたい!」と欲望が強いんだろうな。
たぶん、私はアーリーリタイアができる財力を得たとしても、きっと社会とつながり、利益を生み出せる仕事を続けるんだろうな。
それが自分の好きなことだったら、ずっといい。

「アーリー」ではなく、確実に今の会社を「リタイア」する時期が来るのだけれど、その時はより自分が好きなことができる時間と体力と財力があってもなお、なにか仕事はして社会に還元していきたいものだ。

十数年後の未来、二十年後の未来、自分はどうしていたいのだろう?まだまだ時間はたっぷりある。
けれど考えるより、時の流れは速い。
それまでにあの大先輩のように準備をしておかなくてはね。
スポンサーサイト

コメント

No title

素晴らしい考え方だと思いますし、完全に同意です。
私自身も、一財産を築いたとしてもなんらかの
仕事(やりがいのある、あるいはやりたいこと)を
継続しているでしょうね。

時の流れは本当に早いです。お互い少しずつ
実践していきたいですね~



一財産は、今の状況だと完全にとらぬ狸の
なんとやらですがw

Re: No title

ももたろうさん、こんにちは!
まだまだ、と思っていてもあと10年、20年なんてあっという間
なんでしょうね~。すでに今年ももう1/3がおわりますもんね💦
一財産、私も今のところ取らぬ狸です(笑)
経済力を高めつつ、楽しい人生をこれからもおくっていきましょ♡

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルフィン

Author:ルフィン
関東在住のアラフォーOLです。
そろそろ将来のお金のことも考えなくてはね~、ということで、
貯金と投資を勉強しようと思ってブログを立ち上げました。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
106位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

ぽちっとお願いします

検索フォーム

フリーエリア

ブログランキングはこちら💛