FC2ブログ

記事一覧

【読了】フランス人は10着しか服を持たない by ジェニファ・ーレスコット

フランス人は10着しか服を持たない

3連休、ということで本日は衣替えをしました。
夏の洋服は嵩が少ないのでしまうのは楽なんですが、秋冬の服は・・・。(--;)
今のところ、無事入れ替え完了にはなってますが、クリーニング店に預けてある冬服と、実家に預けてあるコート類が戻ってきたらクローゼットが溢れそうな気がしてなりません・・・。ワードローブを確認しながら、買い足したい服もあるんですが・・・。

会社用の服(ビジネスカジュアル)、出張用の服(ワンピースやパンツスーツ)、その他普段着(ジーンズ率高し)ほか、ちょっとお出かけ用の服(ワンピース)、リゾート用の服(ホットパンツ&ワンピース・・・)っとまー、シーンによって着る服のテイストまで変わってしまうのでホント、服は多いんですよね💦なのに着る服がないと感じてしまう。。。
サイズの合わなくなった服、ヨレヨレになっってしまった服などは衣替え時に一気に処分。秋冬物をしまうときには愛着があって捨てられなかった服も、改めて時間をおいてみると「やっぱ捨てよう・・・」と腹をくくれますね。


そんな中で休日ということもあり手に取ってみた本。ちょっと前にベストセラーになって、かなりあちこちで取り上げられていました本書ですが、文庫本になっていたのでファッション誌を手に取る前にこちらを読んでみました。

内容的には軽~く読めるエッセイです。消費文化にまみれたちょっと自堕落なカリフォルニアガールの著者がパリに留学、貴族のお家にホームステイして暮らしていく中で、「上質な暮らしとはなにか?」「素敵な毎日をおくるということは?」というようなバリの文化や生活を「シック」という言葉をキーワードに想い出を書き綴って、著者の気づき、意識や生活も徐々に変化していく様がわかります。

読み応えがあるわけではありませんが、ベストセラーになったのはわかる気がしますね。ここに出てくるアメリカ人の女の子(アメリカ在住時代のティーンエイジャーの時)ほどズボラかつ薄っぺらい生活をしていないとは思うものの、アメリカ同様、すっかり消費することに慣らされ、かつ、話題はドラマや週刊誌のゴシップネタばかり、ある意味自分の頭で考えることを放棄していること、スケジュール帳やグーグルカレンダーに縛られて、日々の生活や自分の時間を疎かにしてしまっていることになんとなーく気づいている日本人は多いんじゃないかな?なんとなーく気が付いて、気にしている人にとっては軽く読めつつも、ちょっと憧れもあり、すぐ実践できそうなこともあり、共感できるところもあり・・という軽さと温度感がいいのではないでしょうか?ごく当たり前のことしか書かれていないんですが、女子大生がパリでの留学生活をつづっている内容ですからね。やはり10代の感性を持っている人や、若いときに外国文化に出会ってカルチャーショックを受けた人なら「うんうん、わかるー」って思うことも多いと思います。擦れた大人の目線で読んではいけない(笑)
あと、HOW TO 本だと思って読んではダメです。タイトル通り、ホントにフランス人が10着しか服を持たないわけではないです(笑)日本の出版会社がキャッチ―なタイトルにして、売り上げを狙ったんでしょうけど、いささかタイトルを信じて買ってしまうと「中身違うじゃん!」と思ってしまうかもwww

物欲主義に自分のココロが傾きそうになったら、改めて読み直してもいいかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ルフィン

Author:ルフィン
関東在住のOLです。2016年から真剣に将来のお金のことを考えて、貯蓄や投資をしていこうと決意しました。仕事も好きだが、遊ぶのも大好き、物欲もあり、旅へのボンノーも多いため、「節約」よりは「いかに稼ぐか?」テーマです。自分の人生、全力で楽しむことをモットーとして生きてます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
938位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

ぽちっとお願いします

検索フォーム

フリーエリア

ブログランキングはこちら💛